HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
ふれあい看護体験募集中
看護体験参加募集
院内看護研究発表会
H30.3.6

 H29年度の院内看護研究発表会が開催されました。

各部署の特長を生かした、興味ある題材での看護研究、追跡研究、症例発表でした。
質疑応答では、疑問点をしっかりと解決する回答がされていました。

研究内容を参考に今後も病院全体が患者様にとって質が向上し、よりよい看護が提供できるようスタッフ一同意識を高めていきたいと思います。

今年のテーマを発表順に掲載します。

部署 テーマ
外来 高齢者の在宅自己注射に向けての支援
4病棟 重複するエンゼルケアに対する遺族の思い
3病棟 中年期女性患者の食道瘻造設から退院までの関わり
水都苑 看取り看護に関する職員の意識調査とパスへの取り組み
透析室 当院透析患者におけるリン吸着薬の服薬指導
2病棟 新術前オリエンテーション用紙 実用化に向けて
~新オリエンテーション用紙変更、使用後アンケートを行って~
5病棟 回復期リハビリ病棟における入棟時と退棟時のADLの比較
~機能評価表を用いて~
院内研修 テーマ「看護研修報告会」
H30.2.23

 定期的にしている研修報告会です。

「看護職員の認知症対応力向上研修」、「排尿機能回復の為の治療・ケア」、「高齢者の褥瘡ケア・皮膚ケア」、「看取り研修」と、4題の発表がありました。

終わりに、看護部長から最近の研修の動向として、単日研修が少なくなってきているとのことでした。

どの内容も医療者にとって関心の高いもので、数日要した研修と、発表の為に簡潔にまとめられた苦労は大変だったと思います。

今、外部でどのような研修が実施されているのか知ることができました。

外部研修へも関心をもって参加を考えていけたらと思います。

院内研修 テーマ「医療安全研修」
H30.2.6

 今回の講師は日本初の漫才セミナー講師で放送作家のWマコトのお二方(中山真さん、中原誠さん)でした。

Wマコトさんによる漫才式セミナー、テーマは「笑いの力で病院を輝かせる」。
会場いっぱい職員が、午前と午後に分かれ参加しました。

コミュニケーション戦隊「スマイルファイブ」に例えて、それぞれ代表に芸能人を上げて説明してくれました。
笑顔で話しかけやすい明るい現場を作り、一人一人がポジティブに、積極的に承認しあえる関係を築き、コミュニケーションをはかることが医療安全向上につながるというものでした。
相槌やジェスチャーにより視覚的に伝えることで、より確かに情報を伝達できることなど、とても勉強になりました。

看護部だよりバックナンバー

MENU