リハビリテーション科言語聴覚療法

脳血管疾患などにより言語障害や高次脳機能障害などをきたし、コミュニケーションに問題が生じた方、摂食嚥下障害のある方に検査、訓練、その他(助言・援助)を行います。

<訓練場面>

<集団療法室>

<個別療法室>

脳梗塞や脳出血などの脳の疾患により、失語症(人の言っていることがうまく理解できない、言いたいことがうまく言葉にならないなど)や構音障害(上手く発音できないなど)などの言語障害をきたしてしまうことがあります。失語症の方には主に聞き取りの練習や言葉をうまく作り出す練習を行い、構音障害の方には主に発音の練習を行います。また高次脳機能障害の方には注意機能や記憶力などの回復を促す練習を行います。また摂食嚥下障害のある方には、摂食嚥下機能の回復を図り、食べやすくなるよう働きかけます。

家庭や社会に復帰できるようコミュニケーション能力の改善と摂食嚥下機能の向上を目指してリハビリを行っています。

MENU