HOME 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

患者さんに合ったk目細やかなリハビリてーしょんを提供し、一日も早い在宅復帰を目指します

当院の特徴

当院の特徴の詳細

回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患や骨折などのため「急性期病院」にて治療を受けた後、
社会復帰のためリハビリテーションが必要な時期の患者さんが入院される病棟です。

入院中に状態が変わり、治療が必要となった場合は当院の急性期病棟と連携して
対応が可能です。

回復期リハビリテーションの流れ

当院の回復期リハビリテーション病棟

このたび2016年3月1日から病床数48床で開設することになりました。
これにより、脳血管疾患や整形外科疾患などの急性期治療が終了し状態が安定した後に、在宅復帰に向けた集中的なリハビリテーションを行うことができるようになりました。
この病棟での生活そのものがリハビリテーションとなりますので、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、薬剤師、管理栄養士などがチームとして関わっていきます。また、身体機能だけでなく、心理面の回復促進も図り、患者さんの自宅生活への復帰を支援していきます。

施設設備

5病棟:個室8室、2人部屋2室、4人部室9室 計48床

院内の様子1

院内の様子2  院内の様子3

院内の様子4  院内の様子5

チーム医療の体制

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカーなどの
医療・福祉専門職がチームとなって在宅復帰、社会復帰に向けてサポートします。

チーム医療の体制のイメージ

患者さん・家族もチームの一員です!

患者さんのリハビリ状況を知っていただくために、
ご家族には定期的にご来院をお願いします。

入院中の生活について

患者さんの入院生活 = リハビリテーションです!

生活リズムを取り戻すために、必要な動作の練習をしていきます。
日中は普段着に着替えて過ごすことを勧めています。
必要に応じて病院外での練習を実施します。

生活の流れのイメージ

入院の申し込みについて

患者さん・ご家族さんへ

◆在宅療養中の方

当院医療福祉相談室へお電話にてご相談ください。

◆入院中の方

入院されている医療機関の主治医もしくはソーシャルワーカー(相談員)に
ご相談ください。
入院されている医療機関と連携を取らせていただきます。

医療機関の方へ

①当院医療福祉相談室へお電話にてご相談ください。
②情報提供いただき、入院判定会を行います。

必要な書類

  • 診療情報提供書
  • 薬剤情報(外用薬等も含む)
  • 転院申込み患者情報(ADL情報) ダウンロード

※治療上のリスクの高い方、精神状態が不安定な方等については、
その旨をお伝えください。
家族面談等を行い、相談させていただきます。

村上記念病院医療福祉相談室

TEL: 0897-56-2300(代表)

FAX: 0897-56-2337(直通)

受付時間 ※祝日を除く

月・水・木・金 8:30~17:00
火・土 8:30~12:00

MENU